×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

川づくり会議みえ第45回勉強会開催と、
三重環境フェア2010参加の報告をします。

平成22年12月18日(土)15時からアスト津4階「会議室2」にて、
川づくり会議みえ第45回勉強会を開催しました。

 今回は、「オオサンショウウオ〜三重県の場合」と題して、三重自然史の会の清水善吉さんを講師にお願いしました。
お話は、「オオサンショウウオとはどの様な生き物か」「三重県での生息状況について」「三重県における保護の取り組み」等について、ビデオ映像も織り交ぜ丁寧なお話を頂きました。

 その後、17時からは会場を同ビル地下の「萬力屋」に移し、川づくり談義に花を咲かせました。

平成22年12月19日(日)津市のメッセウィングで開催された
「三重県環境フェア2010」にパネル展示参加しました。


恒例となっている同フェアに「川づくり会議みえ・45回の勉強会そのあゆみ」と題して、パネル展示参加しました。パネルには、これまで開催してきた「川のワークショップみえ」や、これまでの約7年間に開催した「勉強会」の様子(写真)を貼り付けました。

(パネルを目の前にして、事務局としては、感無量の想いがありました。)
お隣は、「伊賀の特別天然記念物オオサンショウウオを守る会」のブースで、先のCOP16のNPOブースでも展示された「サンチャン」が、人目を引いていました。また、もうひとつのお隣は、「川の会・名張」のブースで、20回を迎えた「ショウブ花いかだ」が紹介されていました。

◎今後とも、色々な勉強会の企画をしていきますので、
一人でも多くのご参加をお待ちしています。