×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第55回勉強会を開催しました。

平成25年4月14日(日) アスト津にて「自然エネルギー勉強会 小水力発電基礎講座」を開きました。

第1部は三重県雇用経済部 エネルギー政策課 エネルギー政策部 和氣 城太郎さんに
「小水力発電の基礎知識」と題して講演いただきました。
新エネルギーとしての小水力発電のしくみ、三重県多気町で進められている立梅用水のプロジェクトについて伺いました。

第2部は関西広域小水力利用推進協議会 副会長 宮本 博司さんから
「さあ、三重で小水力を!〜「川に生かされたくらし」をめざして〜を講演いただきました。
地域のためにいかに使うか・・・
効率は・・・
環境への配慮は・・・
これまでの大規模ダムとの違いは・・・
「川に生かされる 足るを知る」このような価値観の変換が大事だそうです。
桶・樽の製造を家業とする宮本さん 樽と足るをかけたところ うまい!!
私たちヒトは自然に生かされていること 自然と共生していることを忘れてはいけないと痛感しました。

講演会の後は 恒例の懇親会 いろいろな情報交換がなされました。